看護師になるにはいくらくらいお金がかかる?

看護師になるためには国家試験に合格しなければなりません。
そのためには独学ではなく看護大学や看護学校に入学し、
看護の知識を身に付けたうえで国家試験に合格するのが一般的です。

看護師になるためにはかなりのお金がかかるイメージがありますが、
実際にどれぐらいのお金がかかるのか見てみましょう。
看護大学、看護学校ともに国公立と私立の両方があります。

まず看護大学ですが、私立の場合は4年で学費平均500万円です。
国公立になると4年で200万前後になり、かなり安くなります。
次に看護学校ですが、こちらも私立の場合は平均300万円で、
国公立の場合は150万円前後となります。
どちらも私立に比べると国公立は半額以下になっていることがわかります。

私立の学費が高いのは国公立の倍率が高いためです。
国公立は学費が安いので人気が非常に高く狭き門となっています。
そうなると入学できなかった人は私立に行くしかありません。
そのため私立の学費が必然的に高くなるわけです。

看護師希望の生徒の半数以上は私立に入学することになり、
私立に通っている人の中には、学校に通う傍らでバイトをして
学費を稼いでいる人も多くいます。

国公立の学校が募集する人数が増えることでこれらの問題は回避できますし、
そうなることで慢性的な看護師不足の解消にもつながると思われます。
奨学金制度を利用して私立に行く人もいますが、できれば国公立の
募集枠を増やす方向で調整するべきだと思います。