2015年1月アーカイブ

新人看護師の練習台

新人看護師の練習台にされる患者さん......結構辛いです。
私は血管が出にくいので、新人看護師さんに採血されるときは
まず一発では無理ですね。
あげくのはてに、針をグリグリ。
最終的には内出血で腕が真っ青......なんてことも。

あまりにも何度も注射されてしまう場合には
思い切って「別の人に替えてください」とお願いします。
やはりベテランの看護師さんだと技術も高いので一発でOKですから。

新人看護師の練習台にされる患者さんは多々います。
勿論、看護師同士で注射をする練習はします。
しかし実際には血管が細い人、肥満体型の人、血管が弱っている老人
注射が苦手で緊張しきっている人、小さな子供。
様々な人がいますから、やはり経験を積まないかぎり上達しないのでしょう。

もちろん、看護師だからと言っていきなり人間の腕で練習するわけではありません。
はじめは蜜柑を使って練習をします。
次に液体の入ったチューブ、腕モデル、学生同士での練習になります。

若い人でも採血が上手い人が多いのは
大学病院などの大きい病院の採血コーナーの看護師さんですね。
ひたすら採血をしていますから、見る見る腕が上がるのか
血管が細い人でもスピーディーに採血してくれます。