2015年4月アーカイブ

医大で簡単な手術を受けると新人医師の練習台になるのは本当です。
医大は病院ではありますが、大学でもあります。
医学を研究し、立派な医者になるために研鑽を積む場所でもあります。
病気の治療をメインに扱う普通の「病院」とはそもそも性質が異なるのです。

そして医大の教授だからと言って、手術が上手いとも限りません。
なぜなら、医大で教授になっているのは研究結果が認められたからです。
中には名医と言われるような神の腕を持つ教授もいますが
実際の手術に対する技術はそこそこ。
病気の研究こそ真価を発揮するという医者も多いのです。

ですから、簡単な手術を受けるさいには新人医師の練習台になることもあります。
そもそも簡単な手術であれば、医大で手術をする必要もありません。
最初から医大を受診せずに、まずは街医者で見てもらえば
必要に応じて紹介してもらえますから、地元の病院でまず診断を仰いだほうがよいでしょう。

勿論新人医師の練習台になるとしても心配ありません。
ベテランの医師が万が一に備えて必ず立会いますし、指示も出します。
安心して手術を受けるでしょう。
誰でも最初から名医になれるわけではないので
医者にも練習が必要なのは変りないのです。