不要な残業の悩み

業務というものは作業量が多ければ多いほど、
長時間労働になるのは避けることが出来ません。
意識だけの問題で帰宅が遅くなるというわけではないでしょう。


御質問の内容からすれば、定時で帰宅することに対して
批判的な雰囲気があるということですから、
ひょっとすると他のスタッフは「時間内に仕事をこなせない」わけではなく
「時間内に仕事をこなさない」だけではないでしょうか。


残業が美徳とされているような職場では、
早く帰ろうという雰囲気はなかなか生まれないものです。
定時で帰宅するなんてあいつは怠け者だ!と考える人がいるのは事実です。


しかし、仕事を効率よく終わらせて定時に帰宅できるというのは
素晴らしいことなのです。
ですから、その考え方をあなたには貫いて欲しいと考えます。


長時間の労働時間というものは看護師という職業の場合、
得てしてそれが救いとなっていることがあります。
それは看護というのは必ずしも良い結果だけが出るというわけではないので、
結果が出なかった場合に自分がどれだけ頑張ったかを考えれば
それは労働時間であることがあります。


これだけ頑張ったんだから自分は大丈夫だ、問題ない!
という思考回路になるのは職業上、ある程度は仕方の無いことかもしれません。
ですから人によっては長時間労働することを自ら受け入れる人も
いるわけです。


そのような人からするとあなたのように効率よく作業している人を
見た場合に怠け者だと責めるような風潮が生まれるわけです。


管理職からすれば長時間労働してくれるスタッフのほうが
有難いのは間違いありませんがそれに甘えるのでは駄目なのです。
やはり早く仕事を終わらせて早く帰ることが出来る職場となるのが
一番の理想であり目指すべき看護の現場であると思います。

カテゴリ