看護師を辞めた理由。きつい・汚い・危険以外になにがある?

世の中にはきつい、汚い、危険の3kというブラックな仕事を指す言葉がありますが、
看護師が仕事を辞める理由は3kだけではありません。
看護師の仕事は3kではなく9kと言われており、9kの内容は以下の通りです。

1つ目 きつい
 →夜勤や残業など仕事内容がきついのは言うまでもありません
2つ目 汚い
 →これは看護師としての業務内容として、排泄物などに触れる機会があるためです
3つ目 危険
 →医療に関わることは血液などに触れることもあるので、危険を伴います
4つ目 過酷
 →休みが不規則であることなどから、体調管理が難しく過酷な仕事といえます
5つ目 給料安い
 →一般職に比べれば給料は高い方ですが、仕事の内容に比例するほどとはいえません
6つ目 休暇が取れない
 →シフトは1か月以上前に決まるため、シフトに穴をあけるような休暇はとりにくい
7つ目 帰れない
 →残業が当たり前なので、予定通りの時間に帰宅することは難しくなります
8つ目 婚期が遅れる
 →仕事のことで手一杯になるので、異性とも出会いも少なく婚期が遅れます
9つ目 化粧がのらない
 →睡眠不足、不規則な生活などが影響して化粧の乗りが悪くなります

このように3kどころか9kなのが看護師の実態です。
これだけのkが並べば何かしらの理由で辞めたくなるのは仕方ないとも言えます。
それでも看護師としての資格があれば、復職には困りませんし実際に復職する
看護師が大勢いるもの事実です。